2012年08月15日

ハーブ&ドロシー

追悼 アーティストが見たシネマ

「ハーブ&ドロシー/アートの森の小さな巨人」 
監督;佐々木芽生(2008年)http://www.herbanddorothy.com/jp/

 「ハーブ&ドロシー」は見終わる後に幸せな気分にしてくれる映画だ。華やかなニューヨークのアートの世界には不釣り合いな老夫婦のアートコレクターを追ったドキュメンタリー。ハーブとドロシー・ヴォーゲル夫妻は独自の視点とスタイルでミニマリズム、コンセプチュアルアート以降の現代アートのコレクターとしてNYのアートシーンでは知る人ぞ知る存在だ。残念ながら旦那のハーブさんはこの7月22日(89歳)、この世を去りました。

 この映画では数多くのNY 拠点のアーティストたちが登場するが、私はその中の一人、冒頭に出てくるルチオ・ポッツィのアシスタントをしていたので、作品の受け渡しなどを通してヴォーゲル夫妻には何度もお会いしている。ヴォーゲル夫妻のアパートはマンハッタンのアッパーイーストサイドにある家賃統制の一般的なアパートで、決して大きいとは言えないが、その限られたスペースに現代アートの作品が所狭し飾ってある。飾りきれない作品はテーブルの上に無造作に積みあがられていたのでびっくりした。

 そう、ヴォーゲル夫妻はふつう誰もが想像するようなプール付きの家に住む、大金持ちのコレクターではない。旦那さんのハーブは元郵便局員、奥さんのドロシーは元図書館司書を勤め上げた公務員である。いたって質素な生活を営む二人だ。その二人が決めた美術作品収集のルールは、「自分たちの給料で買える値段であること」、「1LDKのアパートに収まるサイズであること」のふたつ。画廊や美術館に通い、積極的にアーティストたちの制作過程から興味を持つことで、膨大で質の高い現代アートのコレクションを実現したのだ。クリストやチャック・クロースなど多くの有名アーティストたちがヴォーゲル夫妻について語っているシーンは興味深い。

 ただひたすら自分たちの好きなものを集めるヴォーゲル夫妻の流儀は、価値の定まった投機目的や骨董収集とは根本的に異なっている。自分たち独自の評価の基準を持ち、そのゆるぎない作品収集への情熱そのものが価値を生み出しているように見える。開かれた感性で友達を招き入れるように作品を集める様子は幸福感に満ちている。集めに集めてその数なんと4000点超。ヴォーゲル・コレクションとして展覧会を開催するまでになっている。こうなるともはやコレクター=アーティストかもね?しかもそれらを売れば億万長者間違いなしなのだけれど、全部ワシントンのナショナル・ギャラリーに寄贈するというのだからさらにびっくりである!ナショナル・ギャラリーに運ぶために小さなアパートから出てくる作品の数々。魔法の小箱から宝物が湧いて出てくるみたいだった。

 しかし天下のナショナル・ギャラリーでさえ全部は受け入れきれない状態で、全米各地の美術館に分配されるプロジェクトが立ち上がったとのこと。その続きは次回作{ハーブ&ドロシー50×50}へ続きます。何とも愛らしい小柄な老夫婦がマンハッタンの街角を行き交うシーンはジンときます。いつまでも見ていたい風景です。
posted by ミツオ at 00:00| Comment(0) | 映画

2012年03月09日

「サウダーヂ」を観て

 見逃していた話題の映画「サウダーヂ」が延長上映されたので、渋谷に見に行ってきました。地方都市、甲府を舞台に社会の底辺に暮らす人々のリアリティーを生き生きと描いた、マイナーで稀な視点のインディペンデント映画です。いわゆる肉体労働に従事する登場人物たちは、折からの不況で日々の生活さえ危ぶまれる状況と隣り合わせ。映画は普段目にすることのない周縁化された人々が時代や状況の変化に翻弄されながらの生きざまを愛情深く映し出しています。

前作の「国道20号線」でも国道沿いの、大型店、金融、パチンコ店、モーテルなどラスベガスばりの欲望むき出しの風景が映画の重要な要素になっていました。「サウダーヂ」ではそれに対比するかのようにシャッター商店街などが地方都市の衰退の象徴として撮られていて、今撮るべき風景をしっかり撮っている「風景映画」の系譜を強く感じました。また、監督の富田克也作品の特徴は「音」の使い方にも表れていて、音楽、街の雑音、会話(多言語)等など、様々なレベルの音が多層的に、時にはスポットで、時には背景として使われていて、ある種の臨場感を生み出しています。その中には「無音」も効果的に組み込まれています。大音響のクラブシーンではラップミュージックがブラジル人労働者、日本人若者層それぞれのコミュニティー内コミュニケーションの核となっていることが伺えます。アメリカの黒人ゲットーから生まれたラップミュージックが、世界中の若者文化に影響を及ぼし、境界領域に押し込められた人間、周縁化された人々の表現の発露として機能していることに単純に感激します。同時にアイデンティティー化によってナショナリズムに取り込まれてしまう危うさも言及されていて、安易なアイデンティティー化への問題意識を感じました。

80年代に観たブルックリンという場所にこだわったスパイク・リーの映画「Do The Right Thing」以来のショックを「サウダーヂ」から受けました。巨大資本の影響による地方文化(生活)の均質化と衰退の流れが私たちの街の風景を変えて行きます。だからこそ場所にこだわった表現が今求められているのではないでしょうか?
サウダーヂ.jpg
タグ:芸術
posted by ミツオ at 00:00| Comment(0) | 映画