2014年03月24日

ホイットニー・ビエンナーレ2014

http://whitney.org/Exhibitions/2014Biennial
WHITNEY BIENNIAL 2014 MAR 7–MAY 25, 2014

 ホイットニー美術館はバウハウス出身の建築家マルセル・ブロイヤーによるモダンな建物で知られ、ここでは最後になるホイットニービエンナーレが今開催されている。来年はローワ―マンハッタンの新美術館に移転する。1931年の設立から一貫してアメリカの近代・現代アートに焦点を絞った展覧会を行っていて、ビエンナーレではこの2年間に注目されたアメリカ在住アーティストの作品を中心に基本的にはアメリカ人芸術家(例外もあり)を対象に構成されている。そういった意味でいわゆる、今では世界中で開催されている、国際展という大都市や地方公共団体が主催するビエンナーレやトリエンナーレとは一線を画している。そこは世界のアートの中心地、NYなのでアーティストの人選には事欠かない。ある意味へんてこりんな国際主義の必要がないのである。グローバル化の影響を受けつつも、自国の文化状況と向き合う姿勢が貫徹されている。むしろこういったアプローチが海外の有名コレクション花盛りの日本の美術館にも必要だと思う。

 年頭には何人かの有力な美術評論家から現在の美術界の商業主義や娯楽主義に厳しい批判が展開されたので、時代に敏感なホイットニービエンナーレに於いて、今回どのような方向性が示されるか注目を集めている。参加作家は70年代生まれの若手アーティストたちから超ベテラン世代まで様々。ゲーリー・インディアナ、サラ・チャ−ルズワース、デビッド・ディアオなどイーストヴィレッジシーンの懐かしい顔ぶれもそろっている。また一世を風靡した、日本のアカデミシャンのネタ本で、アメリカにおけるフレンチ・セオリーの発信源「セミオテクスト」や、84年のビエンナーレでは、ビエンナーレの中でもう一つのビエンナーレ「アメリカーナ」を開催して、キュラトリアル戦術をアート作品にしてしまった共同制作グループ、「グループマテリアル」のメンバーだった女性アーティストのジュリー・アルトが選ばれているのは嬉しい。彼女はフェリクス・ゴンザレス・トレスやティム・ロリンズと同様に評価されてしかるべきである。このようなところに今回の三人のキュレーター(アンソニー・エルムス、ステュアート・カマー、ミッシェル・グラブナー)がフロア毎の展示を担当している。作品の選択にはそれなりに目配りを感じるが、そこは厳しいNYの観客からは各キュレーターの限界を指摘する批判も現れている。

 話題になっているゾイ・レオナ−ドの作品は美術館の部屋を巨大なピンホールカメラにしてマジソン街のイメージを壁に映し出すものらしいが、そう言われて山本信夫の作品を思い出さない訳にはいかない。日本では山本の作品でさえ、充分な状態で保存されていないのが現状のようだ。日本の現代アートに対する文化度の低さには驚異的である。

Whitney_Museum_of_American_Art.JPG
posted by ミツオ at 15:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: