2013年02月04日

「写真家 石川真生―沖縄を撮る」 

2月24日(日)まで 横浜市民ギャラリーあざみ野 
http://artazamino.jp/organized-events/special-exhibitions/photo-annual-2012/

 アートフォーラムあざみ野の今回の自主企画は新作を含めた石川真生の写真展である。
沖縄出身の石川真生は沖縄の本土復帰(1972年)という歴史的出来事を起点に、写真というメディアの表現者として活動を続けている。今展は作家自身が原点と位置付けるデビュー作「熱き日々in オキナワ」の再発表を含め、初公開となる沖縄芝居の名優たちのポートレイト「沖縄芝居」、そして若者世代の森花(Morika)とのコラボで彼女の夢を題材にした「森花―夢の世界」シリーズの三部構成になっている。
 石川真生は自分が撮っている沖縄の写真は、どんな日本の大御所写真家による沖縄の写真よりもいいと豪語する。確かにその通りだ。彼女の視線は単に沖縄をモチーフとする外部の眼差しではないし、ましてや「癒しの島」という幻想を助長するようなものではない。当たり前のことだが、彼女はウチナンチューの眼差しで、基地問題をなど、沖縄が抱える様々な歪みや矛盾を視覚化している。また彼女の作品は被写体との信頼、親近感があって初めて撮ること(shoot)が可能になる類の写真であって、沖縄人であり、女性である、という二重に周縁化された視点からの表現を実践しているのである。
 現在の日本の文化状況においては、多くの芸術家やアート関係者が支配文化に追従し、取り込まれる以外の術を見だせなくなりつつある。我々にとって沖縄を考えることは他人事ではないし、沖縄が異界であり続けることは一筋の希望なのである。

okinawa-img-01.jpg

posted by ミツオ at 17:58| Comment(0) | アート